2018年06月24日

「入浴中急死・・・長湯は禁物」なる「ドクター」森田豊さんの日刊スポーツのコラムには、襟を正さないとと思った次第です・・・体を洗いすぎると「表皮ブドウ球菌」が減って、逆に体臭がきつくなる?・・・乾燥肌の原因になるんですか、いやはや・・・

以前にも、どこかで取り上げた、日刊
スポーツの「ドクター」森田豊さんの
コラム。

これ、日曜の連載なんですかね?

今日は、今晩のサッカー・W杯の
日本戦に備えて、日刊スポーツを
購入したわけですが、私が最も
気になった記事は、社会面に掲載
されていた「ドクター」森田の
「入浴中急死・・・長湯は禁物」
なるコラムでした。

やっぱりねえ、ある程度の年齢に
なると、こういう話題はどうしても
避けて通れないものでして・・・。

私の血圧が高いことは、先の当
ブログでも恥ずかしながら発表
させて頂きましたが、「長湯を
すると、血圧が下がり、体が
リラックスし、だんだん眠く
なって、そのまま湯船の中で
寝てしまい溺死する」パターン
が、年間1万4千人もいるという
記事には驚きました。

交通事故の死亡者の約3倍。

・・・気を付けるべきは、道路よりも
我が家の風呂場ということか。

さらには、私は背中を中心に
「乾癬」がひどく、明後日、
皮膚科に行こうと思っていた
ところですが、そんな私に
トドメを刺すような記事が
載っていました。

「体をナイロンタオルなどで
ゴシゴシ洗うと、体の皮膚に
ある表皮ブドウ球菌という
善玉菌が少なくなり、体臭が
きつくなり、乾燥肌になって
しまう」

・・・グサッと刺さるよねえ。

さらには、乾燥肌を防ぐため
には、38~40度のぬるめの
お湯がオススメとのこと。

私は42度くらいのお湯につかって、
半身浴をしながら読書をするのが
ここ数年の習わしですが、これを
やると、皮脂や皮膚の水分を失い、
乾燥肌になってしまうと。

入浴後は、皮膚が乾燥する前に、
保湿クリームを塗ることが大切
とも・・・。

全く、やっていませんでした。

トドメは、「一番風呂は、水道水に
含まれる塩素が多く、乾燥肌を悪化
させるので、緩和させる入浴剤を
入れた方がいい」と。

・・・参ったねえ。

いいと思ってやっていたことが、
ほぼ全否定されてしまった。

でも、そもそも、こういうことって、
中年の男には分かりませんからねえ。

我が身の体のどこかに不調が生じて
からでないと、本気で治そうとは
思いませんよ。

スポーツ紙にこのようなコラムが
載るのは、私に限らず、中年男性に
とっては、ありがたいの一言。

始めるのに遅いことなど、この世
にはありません。

早速、遅かれながらではありますが、
私も一つでも実践していきたいと
思った次第です。



*「ドクター」森田は、かの
「Doctor-X」の医療監修もして
いたそうで・・・。↓












posted by あらやまはじめ at 21:50| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





「いいね!」はこちら!↓

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村


全般ランキング